京大学生パパ・学生ママサークル★めんどり学部

京都大学の学生パパ・学生ママを中心とした子育てサークルです。 学生妊婦・学生出産・学生結婚を経験した方、是非遊びに来てくださいね♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日6月5日(水)、「めんどり会議」を行ないました!
普段使わせてもらっている女性研究者支援センターが工事中で使えなかったため、
今回は吉田キャンパスの人間・環境学研究科棟5F、533演習室で行ないました。

最近少しずつメンバーが増えてきためんどり学部。今日の参加者は新しいお友達さん一人を含め4人でした。
中には3人目を妊娠中で研究と両立している方や、家族を守るために
多くの苦労を国境とともに乗り越えてきた方も
めんどり学部のメンバーはそれぞれに色んな人生を歩んできていて、
お話するといつも、「こういう人もいるんだなぁ」と世界がひろがりますね。

今日の話題は、研究という仕事の特異性と、育児との両立、その
フラストレーションについてなどなど。
研究という職業って、9時〜17時で拘束されるようなものでは
ないので、育児においては自由度があるとは思うのですけど、その分
社会の理解は受けにくいですよね。学生だと尚更です。
「え?別に保育園預けなくてもいいじゃない?」と思われがちです。
その実、研究=趣味みたいな所もあるので、生活と仕事を分離しづらい
部分があります。

私も出産前は学校でも家でも関係なく、ずっと研究ばかりしていました。
だから、産後は日中は保育園に預けて仕事をしているとは言え、研究時間が
ぐっと減ったと感じています。
他の学生さんや研究者さん達に比べ、自分の進度が遅れていて、取り残されて
いる感がとてもあります。
「子供がいるから仕方ない」だけでは割り切れないもんです。

子供がいるということは楽しいこともたくさんあり、同じく悩みも尽きません。
色んな人の話しを聞くと、それだけで気分がスッキリしました!

                              太陽ちゃん



 
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mendorigakubu.blog102.fc2.com/tb.php/86-37956fd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。