京大学生パパ・学生ママサークル★めんどり学部

京都大学の学生パパ・学生ママを中心とした子育てサークルです。 学生妊婦・学生出産・学生結婚を経験した方、是非遊びに来てくださいね♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今月のめんどり会議は18日が創立記念日だったので
25日に変更になりました。
場所は前回に引き続き京大女性研究者支援センターの
お部屋を使わせていただきました!
今回は1階のお部屋だったのですが
とても広々としたお部屋でおもちゃがたくさんあり
子供だけでなく大人たちもおもちゃに、興味津々でした☆


今回の参加者は、ひっき、michyさん、ほづきょうさん
まりさん&さくらちゃん、洛北さんに加えて
新しく現在妊娠6ヶ月のご夫婦が参加してくれました!

今回も新しいお友達が参加してくださったということで
簡単な自己紹介の後、
現在妊娠中であるほづきょうさん(お二人目おめでとうございます☆)と
新しく参加してくださったご夫婦とを中心に
学生パパ、ママってどんな感じ?
産後の病院での過ごし方は?
出産費用ってどのくらいかかる?
保育所には入れる?保育料はどのくらいかかるの?
保育所に早くから入れるのはかわいそう?などなど
みんな自分の子供が生まれたときのことを
懐かしく思い出しながら話が盛り上がりました。

赤ちゃんが生まれるのがとっても楽しみです☆

その後は、支援センターの橋口さんも交えて
親の介護についての話になりました。
女性研究者を支援するためには
育児においてのフォローだけでなく
介護についても制度を充実させていかないといけないという意見を
洛北さんからいただき
実際に自分たちの親の将来のことを考えて
みんなで話し合いました。

育児も大変だけど、子供が成長するにつれ楽にもなるし
楽しいことがたくさんあるのに比べて
介護は頑張ればだんだん楽になるという希望があるわけではなく
ただただ日々を過ごすために頑張らなければいけないという
精神的にも非常につらいことなんだなと感じました。

将来、親の介護が必要になったときのための
今出来る最低限の準備として
ちゃんとパートナーとしてお互いを支えあえる
夫婦関係を築いておかなければいけないな、と思いました。
スポンサーサイト

ひっき会長、いつもめんどり会議報告ありがとうございます!
介護施設に入所するお金の話はびっくりですね…。
入所する時に何千万円と必要なのに加え、
毎月10数万円かかるなんて~!

女性研究者たちが育休を取りにくい現実が
あるという話も興味深かったです。

2007.07.01 08:26 URL | 鞠(まり) #SFo5/nok [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://mendorigakubu.blog102.fc2.com/tb.php/64-61a36b95

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。